業種別GIS活用方法|ポスティング.com

トップバナー
トップバナー

業種別GIS活用方法

GISデータ画像

GISポスティングとは・・・?」のページでも解説していますが、GIS(ジー・アイ・エス:Geographic Information System)とは地理情報システムの略称で、地図上に地理情報をコンピュータでデジタル的に表現したものです。
この数値データを可視化することで、地図上にいままで見えていなかった情報を表示して把握できる様にします。

GISで使われている情報は5年ごとに行われる国政調査が主に用いられています。今では、ポスティングだけではなく様々な業種で使われる様になったGISですが、ここまで本格的に広まるきっかけになった出来事が、1995年7月に発生した阪神・淡路大震災でした。

各関係機関が持っていたハザードマップや道路情報、人口密集地域などの情報を、当時、効率的に使えるシステムがなく、救出・救助や支援などが効率的にできませんでした。その反省を踏まえて政府が本格的に取り組みGISシステムが普及していきました。現在では、衛星画像や地形図、統計情報などからなる「地理空間情報」は、カーナビや地図アプリ、GPSなどにも活用されています。

■GISとポスティング

GISは地理情報をシステムとして使える様にしたものですが、この「地理情報」とはどういったものをさすのでしょうか?そもそも「地理」というのは、山や河川、気候、産業、人口などの状態のことで、地球上のあらゆる物や現象を表す広い意味の情報です。そのため、GISが利用される分野は広く、都市計画や災害対策などの行政、ガスや電気などの公益サービス、顧客動向や新規店舗出店などのビジネス分野などなど。ポスティングの場合には、チラシで宣伝したいと考えているお客様が、どうやって目的のターゲットへ効率的にチラシを届けられるかになってきます。

ネイルサロンやヨガ教室などで20~30代の女性の多い地域へ配りたい。
学習塾へ来てもらうために新学期や入学の季節に合わせて、小中学生のたくさんいる地域に届けたい。
業種別GIS活用方法」では業種によって異なるターゲットの選定を、GISのデータにもとづいて考えていきます。
とりあえず近所や周辺地域にチラシを配ってみる」と思う前に、無駄が少なくコストパフォーマンスにあったポスティングの参考にしてみてください。

業種別GIS活用事例

不動産

エステサロン

ポスティング.comへのお問い合わせはこちらから